農家紹介

(株)山梨自然学研究所との業務提携連結。

山梨自然学研究所は「土と水と食を考える会」として1990年に設立されました。
日本で初めてオーガニックの卵を創り出し、過去には<内閣総理大臣賞>や<日本農業賞 大賞>、<県政功労者表彰>など様々な受賞歴を持つ黒富士農場が経営する(株)山梨自然学研究所。

地球環境を考えた、有機栽培・減農薬栽培へのこだわり。

環境保全型の自然循環農法を取り入れた特別栽培の果樹作りを目指す生産者が集まる、いわば精鋭農家集団。
農薬を減らすためにBMW技術を取り入れ、限りなく無農薬を目指し、お互いに技術交換をしながら安心・安全で美味しい果物作りを行っています。
現在では農薬使用を通常の半分以下に抑えて生産することに成功し、更なる高みを目指します。

BMW技術とは?

B=バクテリア M=ミネラル W=ウォーターの略で岩石と腐葉土と水の力による自然浄化を基礎とする農法です。 自然循環型の有機を目指す農家が近年増えておりアジアをはじめ世界でも認められ広がりをみせている技術です。特別な菌を用いるのではなく土着の微生物の力を活性化させて農産物や家畜を内部から健康にしていくことを目的としています。

昭和-平成-令和と時代を経て、現在は次世代の若いメンバーが中心になり、ベテラン農家達が生産技術だけではなく人生についての良きアドバイザーになってくれています。
自然の豊かな山梨の風土で栽培される美味しくて高品質な果物作りを目指し、邁進していきます。

桃農家
  • 山梨県笛吹市
山梨自然学研究所認定農家
  • 小澤農場
  • 甘利農園
  • 武井農園
シャインマスカット農家
  • 山梨県甲州市
山梨自然学研究所認定農家
  • 向山農園
  • 宿沢農園