就農支援を受けたい方必見!就農支援プログラムとは 地元で農業を始めよう

地元で就農支援を受けたい方へ

就農経験がない方や経験が少ない方、山梨の情報を知らない方の中にも、農業を始めてみたいという方がいらっしゃるのではないでしょうか。農業を始めるなら、就農支援などのサポート制度をうまく活用するのが成功するためにも大切なポイントになります。農家では、就農を希望する方へ向けて多くのサポートを実施しており、特に若い世代の就農は、各地で歓迎される傾向にあるのが現状です。まずは、利用できる就農支援のサポート制度について見ていきましょう。

全国でのサポート制度

「Support」のロゴと手のひら

近年、日本における農業人口の高齢化は著しく進んでおり、若い世代が農業に従事することは、最重要課題として指摘されているのが現状です。農業を始めたい、農家に就職したいと思った場合でも、経験がない、あるいは不足していると、どうしても不安に思うことが多くなるでしょう。

そのため、近年では日本全国で多くの就農支援が利用できるようになっており、農業を始めようという場合には、サポート制度を積極的に活用していくことが効果的だと言えるでしょう。

新しい働き方や職業として、農業に興味を持った場合には、各地で実施されている支援制度をうまく活用して、農家への就職・転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まずは、全国で展開されているサポート制度の内容をチェックしていきましょう。

全国で実施されている就農支援に注目

就農支援は国をあげて実施されている政策の一つであり、都道府県ごとに様々なサポート制度が実施されています。そのため、希望する地域にはどのような支援が行われているのかをチェックしたうえで、上手に支援を活用していくのがおすすめです。

各都道府県で実施されている就農支援の内容について、具体的にいくつか例を挙げてご紹介します。

まず、北海道での一例を見てみましょう。北海道では就農における資金援助を実施しており、家賃補助や各種免許取得費用の助成などのサポートを行っています。就農するにあたって資金面での援助を受けられるのは、非常にありがたい制度だと言えるでしょう。

また、北海道立農業大学では、農業に関する研修を格安の費用で受けることができるので、農業を始めるにあたって必要な基礎知識を効率的に身につけることが可能です。

宮城県にも、北海道と同様の資金援助制度があります。40歳未満の若い世代の農業人口増加を目的として実施されており、対象の年齢の方なら、新規就農者で4年以上の農業に従事する場合、研修資金について借り入れを行うと、月額の1/3が免除されるという仕組みとなっています。

また、就農を予定している学生に対しては奨学金制度も用意しており、そのまま宮城で農家に就職したり、農業を始めたりした場合には、奨学金の返還義務がなくなるというメリットがあります。

福井県では「ふくい園芸カレッジ」において、農業技術・知識を身につけるための研修を実施しています。経営戦略などを実践的に学んでいけるコースでは、2年目からは里親農家という形で研修を受けて、より実践的な経験を積んでいくことが可能です。県外から移住し、研修を受ける場合については、研修奨学金を受け取ることもできるようになっています。

また、新規就農者に向けて県から奨励金が支給される制度もあり、農家でない職業から転職してきた方に対しては、1年目は180万円、3年目でも60万円の給付が受けられるようになっています。

京都府では、農業に関する相談や農業法人の求人紹介、現地の案内などが積極的に行われています。就農を迷っている方に対しては、適性があるか確認できるよう、OJT研修を行うなど、インターンシップも盛んに行われているのです。

また、独立を希望している方への支援にも積極的です。担い手養成実践農場を整え、農業技術・知識を身につけるためのサポートはもちろんのこと、地域に定着するための支援制度も手厚くなっています。

山梨県のサポート制度

ハートのオブジェクトを持つ女性

山梨県で農業にチャレンジしてみたいとお考えの場合は、以下のサポート制度について知っておくとよいでしょう。

山梨県就農支援センターが実施する就農支援の流れ

山梨県で農業を始めてみたいという場合は、主に以下のような流れで就農までのサポート・支援を受けることが可能となっています。

  1. 相談会などで相談
  2. 研修で技術習得
  3. 計画を立てる
  4. 準備を始める
  5. 就農

農業に従事したいと真剣に計画している場合は、センターの窓口などで、まず就農相談をする流れになります。そこで農業・農村について理解を深め、農業を始めるまでの流れや研修制度などを聞いていくのです。

そのうえで研修を受け、農業の技術やノウハウを身につけていき、センターのサポートを受けながら生産・資金などの具体的な計画を立てていくというのが一連の流れとなっています。

そして農地や農機具、住宅を確保するなどして準備を進め、いよいよ就農となります。その後は各種保険の案内を受けたり、資金や経営に関して相談したりすることも可能です。

就農支援センターで行われている取り組み

山梨県就農支援センターでは、以下のようなサポート体制や取り組みがなされています。

  1. 農業経営に関するアドバイス・相談
  2. 研修先の紹介
  3. 融資制度の紹介
  4. 就農受け入れ支援に関する情報の提供

相談会は県外でも積極的に実施されており、山梨県以外の地域から引っ越して農業を始める際にも相談しやすいのが特徴です。その他、空いている農地や農業法人などの雇用の紹介なども行うなど、サポート体制が整っています。

就農支援プログラムとは?

これから農業を始めたいと真剣に検討している場合、様々な支援やサポートが受けられる就農支援プログラムについては、まさに活用しない手はないと言えるほどありがたいものでしょう。こちらでは、就農支援プログラムについて概要や仕組みを詳しくご紹介します。概要とともにメリットについてもご紹介しますので、農家への転職・就職を目指す場合は、ぜひ参考にしてみてください。

サポートを受けるメリット

「Merit」と書かれたカード

就農支援プログラムは、農家になりたい方・農家や農業法人に就職したい方・農業に興味を持っている方に向けて実施されている支援策です。各都道府県において、若い世代の農業人口増加を目的として注目を集めているプログラムの一つであり、サポートを受けることには以下のようなメリットがあると言えるでしょう。

農業に関する研修が安い費用で受けられる

就農支援プログラムの多くは、農業に関する研修やセミナーを無料もしくは格安で実施しています。農業経営のノウハウや農業の技術を安い費用で身につけられるのは、これから農業を始めたいという方にとってまさに大きなメリットだと言えるでしょう。

給付金・補助金が受け取れる

自治体や取り組みの内容によっては給付金や補助金の制度が設けられているのも、就農支援プログラムのよさの一つです。受け取れる給付金・補助金は研修費や農機具購入費など様々なことに活かすことが可能で、十分な資金がないという場合であっても安心できるでしょう。

就農先を紹介してもらえる

仕事の紹介を受けられるのも、プログラムによってサポートを受けるメリットの一つです。仕事を紹介してもらえれば、農業法人などでの就職がスムーズになり、仕事探しからつまずいてしまう心配がありません。

就農に関する相談を柔軟に受け付けてもらえる

就農支援プログラムを利用すれば、支援窓口を通して、就農に関することを気軽に相談できます。農業に関して知りたいことがあれば質問して聞くことができますし、適宜アドバイスを受けることも可能です。

困ったときのサポート窓口があった状態で農業の仕事を始められるのは、新規就農者にとって嬉しいメリットだと言えるでしょう。

農業を始めるまでの流れ

土から伸びた2葉

就農支援プログラムの支援を活用して農業を始める際には、どのような流れで農業をスタートさせていくのでしょうか。

ご紹介した山梨県就農支援センターによる取り組みにおいては、まず相談を行い、研修や計画を経て就農に至る、といった形で農業を始める流れとなっています。

こちらでは、より具体的な流れについて見ていきましょう。

1.研修で勉強し経験を積む

最初に、就農支援の窓口や相談会などで就農に関する相談をしたうえで、研修に参加して農業に関する知識を増やしていきます。より実践的な農業体験も研修に含まれているので、実際に農業法人や農家で実践的な経験を積むことが可能です。

2.就農計画を立てる

就農には、独立なのか就職なのか、といったパターンがあります。どちらを選ぶのかについては、あらかじめ決めておくことも一つの方法ですが、支援の担当者などに適宜相談しながら、研修を受けつつ計画を立てていくという選択肢もあるのです。

3.計画に沿って就農

立ててきた計画に沿って実際に就農するわけですが、就農支援を実施している団体によっては農家の交流・情報交換の場も積極的に用意しているため、新規就農者同士で情報を交換し合い、移住や転職の悩みを解消しながら就農成功を目指せるような体制ができています。

もちろん、就農支援は、実際に農家として就職したり開業したりしたらそれで終了、というわけではありません。その後もしばらくサポートを受けられる仕組みになっており、就農後も定期的に給付金などを受け取れる場合もあるのでぜひチェックしてみてください。

農業に興味があるならどんなサポートが受けられるのかチェックしておこう

就農支援は、これから農業を始めたいと思い就農を目指す方に向けたサポート制度となっています。農業に興味がある場合は、どんなサポートが受けられるのか支援の内容を詳しく事前にチェックしておきましょう。

Bonchiでは、契約している農家に直接就農が可能な農家育成プログラムを実施しています。Bonchi契約農家と一緒に作業をすることで、より実践的に農業の伝統的な技術やこだわりを直接農家さんから学ぶことができます。独立後は現役農家から畑や機械などをそのまま引き継ぐことができるため、従来の就農システムよりリスクやハードルが大幅に下がるのが特徴です。35才以下の方のみ応募が可能ですので、山梨で農業をスタートさせたいとお考えの方は、Bonchiの農家育成プログラムへぜひお問い合わせください。

山梨で就農をお考えなら就農サポートが受けられるBonchiへ

会社名 株式会社Bonchi
代表取締役 樋泉侑弥
住所 〒400-0306 山梨県南アルプス市小笠原422−5
TEL 055-288-8425
メール info@bonchifarm.com
URL https://bonchifarm.com/